産後のしみそばかすに美白化粧品を

産後のしみそばかすに美白化粧品を

産後,シミ,そばかす,美白,化粧品

出産後には、シミやソバカスが目立つようになったという話をよく聞きます。

 

出産後のシミは、ホルモンバランスの影響を受けてできてしまうようです。

 

なので、ホルモンのバランスが安定してくると自然に改善してくるようです。

 

出産後にできるシミは、特有の肝斑というシミです。

 

出産後半年くらいで、生理が来れば消えるという人もたくさんいますが、その時期を過ぎても消えないという人もいます。

 

肝斑は、一度できたシミが大きくなったり、左右対称にできるなど、少し厄介な特徴を持ちます。

 

なので、妊娠中から紫外線対策をしっかり心がけておく必要があるのです。

 

紫外線は、室内にいても、跳ね返りなどで家の中にも入ってきます。

 

気が付いた時にはシミやそばかすだらけ、なんてことを防止するためにも、日ごろから、しっかりケアをするようにしましょう。

 

産後,シミ,そばかす,美白,化粧品

美白化粧品をきちんと使うことが特に大切で、シミができてしまう前に予防に努めましょう。

 

でも、できてしまたシミやソバカスは、ハイドロキノン配合の化粧品やルミキシルなどの美白美容液を使い、シミやソバカスを早く治しましょう。

 

そして並行して紫外線対策をしっかりと行うこと。

 

赤ちゃんには日光浴は大切。

 

お母さんも一緒に外出することになりますが、紫外線対策を怠らないように、美白化粧品とUVカットは常に使うようにしましょう。


産前・産後のシミに対策は、アンプルール vs ビーグレン?

友達に、どうして産後のシミケアにはアンプルールを使うの?と聞かれたので、ハイドロキノンが入っているから、と答えました。

 

だって、産後のシミは、普通のシミとは少し違うので。

 

産後,シミ,そばかす,美白,化粧品

妊娠中や産後にシミができてしまう人はたくさんいるようです。

 

この時期急にシミができるのは、女性ホルモンが原因。

 

女性ホルモンが原因でできるシミとして有名なのが「肝斑」です。

 

30〜40代の黄色人種の女性によく見られるシミです。

 

つまり、日本人に多いということですね。

 

原因はまだ明らかになっていないけど、ストレスや女性ホルモンが影響しているらしいと言われています。

 

閉経すると自然に治ってくるとも言われているのですが、そこまで待つ余裕はないですし…。

 

それと、産前のシミと産後のシミは、この肝斑とはちょっと違うと言われているらしいです。

 

どこが?っていうと、産前産後のシミは、時間とともに消えてしまうことがあるから。

 

じゃあ、私のシミも自然に消えるんだ!って思っちゃいそうですが、それがそんなに簡単じゃなく、中には残っちゃう人もいるんです!


ホーム RSS購読 サイトマップ